『Artifex Mundi』シリーズのご紹介

皆さん『Artifex Mundi』というメーカーをご存じでしょうか。

スマートフォンやPC、そしてXboxOneにもリリースされているアドベンチャーゲーム(パズルゲーム)のメーカーさんです。
今回は、このシリーズを紹介したいと思います。

このシリーズ、XboxOneでは下記の4作品がリリースされています。
NightmaresClockworkは日本語字幕入り、残り2作は日本語無しとなっています
実はWindows版は4作とも日本語入りなんですよね。これが非常に残念。先の2作に日本語入れておいて何故後の2作に入れないのか、理解に苦しみます。
多分、今後もリリースが続くであろうこのシリーズ、今後は日本語入りでお願いしたいものですね。

《XboxOneでリリースされている4作品》※日本ストアでは未配信

Nightmares from the Deep

Nightmares from the Deep: The Cursed Heart 9.99ドル
※日本語字幕入り

Clockwork Tales

Clockwork Tales: Of Glass and Ink 9.99ドル
※日本語字幕入り

Enigmatis

Enigmatis: The Ghosts of Maple Creek 9.99ドル

Grim Legends

Grim Legends: The Forsaken Bride 9.99ドル

さて、肝心のゲーム内容ですが、いたってシンプルです。

画面内のカーソルを動かし、人や怪しい部分でAボタンを押します。人であれば会話し、アイテムがあれば回収、ヒントがあれば表示されます。アイテムを使用する場面ではアイテムを使用するようXボタンの表示もされますよ。(親切設計)
Xbox 2016_08_24 11_17_33
カーソルを動かして会話しましょう Clockwork Tales: Of Glass and Inkより

そして、アイテム探しのミニゲームやパズルゲームの数々。
このアイテム探しのミニゲームこそがこのシリーズの肝となっており、幾度となくプレイヤーを悩ませることになります。
Xbox 2016_08_23 22_39_07
アイテム探しのミニゲーム Enigmatis: The Ghosts of Maple Creekより

ゲームの進め方は4作品とも同じです。
『シーン移動→アイテム回収→アイテム使用→パズル』これの繰り返し。
何度も同じマップを行ったり来たりしてアイテムを回収・使用し次のシーンへ進むという流れです。

正直言ってストーリーが面白いとは思えませんし、ゲーム内容も超絶シンプル。先のアイテム探しに関しては日本語字幕入りの2作は良いもの、英語のみの場合は何を指しているのか良く分からずイライラ。そして寝落ちする人は”間違いなく”寝落ちするでしょう。

しかし、XboxOneユーザーにとって最大の魅力である実績稼ぎにはもってこいなのです。
誰でもクリア出来ます。難しいアクションもありません。数時間あれば実績コンプできます。英語が分からなくても何とかなります。(適当にボタンを押せばいいんです!)
どうです?興味が湧いてきたでしょ?

普段、殺伐としたゲームをやっている中で、休憩の意味合いも含めてこういうゲームがあっても良いのではないでしょうか。
Windows版は頻繁にセールをやっていたり普段からもっと安いのですが、実績には対応していません。
それでも9.99ドルの価値に見合うかどうか分かりませんが、是非一度プレイしてみていかがでしょうか。
体験版もありますよ。