海外ストアで買い物をする方法~海外設定にする方法と決済~

Xbox Oneはリージョンフリーですので海外のXbox Oneソフトもすべて国内で発売されている本体で遊ぶことが出来ます。(パッケージ版、ダウンロード版ともに)

ですのでXbox Oneにちょっと詳しいユーザーさんなら『国内で販売されていないゲームを海外ストアからダウンロードソフトを買う』のは至極当たり前のこととなっています。

しかし、初めてXbox Oneを買ったばかりのユーザーさんだと『どうやったらいいのかわからない』とか『そんなことして大丈夫なのか?』なんて思うこともあるかと思います。

ここでは日本国内で発売されているXbox Oneを海外(北米)ストアにつなぎ、実際にゲームソフトを購入する方法を解説いたします。

※追記:8月末ごろからPayPalでの決済が不可能になっています。2016年9月現在では北米アマゾンでのギフトカード(デジタルコード)購入による決済が一番確実かと思われます。(一部クレカは使用できるようですが確実な情報がありません)

1.Xbox Oneを海外(北米)設定にする方法

海外のストアにつなぐ方法に関してはこちらの5.海外のストアを使うには?使うメリットって何?』を参照してください。

2.海外(北米)ストアでの買い物の手順

海外ストアに繋がったら、早速目的のゲームを探しましょう。

ここからは基本的に国内ストアでの購入方法と同じです。

001

北米設定の本体からストアに入ります。

ゲームの探し方はいろいろありますが、今回は『ゲームを見つける』から入ってみます。

 

002

『近日発売予定のゲーム』というのは、今後発売が予定されているゲームの一覧です。事前に予約購入ができるゲームや、現段階で発表のみに留まっているものなのが表示されます。

今回はUNOを選んでみます。

 

003

事前注文をクリック。必要ならパスワードを入力。

 

004

今回は支払い方法をマイクロソフトポイントにします。これで確認をクリックすればゲームがダウンロードされます。簡単ですよね?

ですが、決済だけがちょっとややこしいので次の項目で解説しています。

かなり長くなりますが興味がある方は目を通してみてください。

3.決済手段の選択(随時情報更新)

※追記:8月末ごろからPayPalでの決済が不可能になっています。2016年9月現在では北米アマゾンポイントによる決済が一番確実かと思われます。(一部クレカは使用できるようですが確実な情報がありません)

さて、海外ストアからゲームを購入するときに一番の問題になってくるのが決済方法です。

この部分に関しては『昨日使えた手段が今日は使えない、と思ったらしばらくしたらまた使えた!』ということが多々あり、我々ユーザーの間の情報交換も多い部分です。

ですのでこのサイトでは、『一番確実な方法をメインに紹介し、まだ不確実な方法に関しては参考までに紹介する』というスタンスでいきますのでご了承ください。

当サイトでは手間や難易度を総合的に判断してお勧めできる順番に3つの方法をご紹介します。

PayPalでの決済、北米アマゾンで購入したマイクロソフトポイントでの決済、クレジットカードでの決済の3つです。

簡単に比較すると以下のような感じ。(2016年8月記事執筆時)

導入の難易度 確実性 追記
PayPal 普通 高い 公式に対応
北米アマ+MSポイント 難しい 高い ちょっとグレー?
クレジットカード 簡単 低い、不安定 VISA,Masterなど
【決済方法その1】PayPalで決済する(2016/09現在使用不可能)

海外ではPayPalはかなり普及しているサービスです。日本国内でも利用者は多いと思われます。

取引をPayPalが仲介し、相手先にクレジットカード番号を通知しなくて良いので比較的安全なサービスとして認知されています。

ではPayPalをXbox Oneのアカウントで使えるようにする方法を見てみましょう。

①PayPalのアカウントを作成する

PayPalのサイトに行き、パーソナルアカウントを開設してPayPal口座を作ります。

そこにご自身のクレジットカード(デビットカードも可)を登録するだけ。

このあたりの手順はPayPal公式サイト(日本語)を見れば問題なくできると思うので割愛します。

②Xbox OneのアカウントにPayPalでの支払いを追加する

PAYPAL001

まずはXbox Oneの設定画面を開き、『アカウント→支払いと請求』を選びます。

 

PAYPAL002

するとこんな画面になり、今自分がこのアカウントに紐づけている支払い方法の一覧が出てきます。

私の場合、国内ストアでの買い物用にVISAカードと国内のマイクロソフトポイント、海外ストア用に海外のマイクロソフトポイントがすでに設定してあります。

※ちなみにこの画面のクレジットカード欄に『United Statesで使用できます』とありますが今のところあまり信用できません。(使えたり使えなかったりします)

では『支払いオプションの追加』を選びましょう。

 

PAYPAL003

PayPalを選択します。

 

PAYPAL004

PAYPAL005

PayPalに登録したメールアドレスとパスワードを入力。

 

PAYPAL006

同意して続行を選択。

PAYPAL007

これでアカウントにPayPal決済が追加されました。

 

PAYPAL009

ストアでの購入の際にPayPalが選べるようになります。

 

PAYPAL008

ちゃんと購入ができました。海外のゲームを買うのも簡単です。

PayPalを使うことで、クレジットカード購入とほぼ変わらない感覚で買い物ができるのでお勧めです。

 

【決済方法その2】北米アマゾンでマイクロソフトポイントを購入する

PayPal対応前はよく使われていた方法ですが、今となっては準備に少し手間がかかるのが難点。

手順としては、

①北米アマゾンのアカウントを作る

②北米アマゾンでマイクロソフトポイント(ダウンロードコード版)を購入する

③北米設定にしたXbox One本体に②で購入したマイクロソフトポイントをチャージする

④そのポイントを使ってゲームソフトの料金決済をする

以上のようになります。では順番に見ていきましょう。

 

①北米アマゾンのアカウントを作る

AMAZON

まずはアマゾンのページに行き画面一番下のこの『アメリカ』と書いてあるところをクリックします。アドレスバーに直接Amazon.comを入力しても接続出来ます。

 

AMAZON02

するとアメリカのアマゾンに接続できます。ここで国内のアマゾンアカウントとは別にアメリカ用アマゾンアカウントを作りましょう。

『Sign in』をクリック。

 

AMAZON03名前(アルファベット表記)、メールアドレス、パスワード(英数字6文字以上)を入力したら『Create your Amazon account』をクリックして新規アカウントを作成。

成功するとトップページに戻ります。これでアメリカアマゾンのアカウント作成は完了です。(ちなみにこのアカウントでドイツ、フランスなどのアマゾンのアカウントとしても使えます。日本だけが別なんです。)

画面上部の先ほどサインインしたところに自分の名前が出ているはずです。

 

②北米アマゾンでマイクロソフトポイント(ダウンロードコード版)を購入する

では早速マイクロソフトポイント(ダウンロードコード版)を探してみましょう。

AMAZON04

 

検索窓に『microsoft gift card』もしくは『Xbox Gift Card』と入力して検索すると…。

AMAZON05

ハイ出てきました。この『Xbox $10 Gift Card-Digital Code』をクリック。

 

AMAZON06B

この画面で購入したい額のギフトカードを選びます。今回は30ドル分のギフトカードを選択しています。

注意点:Formatが Online Game Code になっているか必ず確認してください。

Online Game Codeはメールや購入履歴から確認できてすぐに使えますがCardだと実物が郵送されてくることになります。

問題なければ『Buy and get code』をクリック。

 

AMAZON07しかしこのような画面が出てしまいます。

簡単に翻訳すると『あんた日本から買い物してるだろ?日本人なら日本のアマゾンから買いなさいよ!』ってな感じです。

仕方がないので一旦『Cancel~』をクリックして戻りましょう。

 

AMAZON08

戻ったらYour Accountをクリックしてアカウント管理ページへ。

さらに『Add New Address』をクリックして架空のアメリカの住所を設定します。

 

AMAZON09b

アメリカは各州によって税率が違いますので、消費税の無いオレゴン州が人気です。

住所に関してはオレゴン州にある建物の住所をいれましょう。実際そこに届くわけではない(デジタルコードなので)ですからあまり細かいことは気にしなくても大丈夫です。

もちろん、この住所でパッケージソフトなどを購入してしまうとアメリカのオレゴン州に届いてしまうのでご注意を。あくまでもデジタルコードの購入のための住所です。(デジタルコードはアメリカの住所がないと購入できないため)

参考までにオレゴン州のホテルの住所がわかるサイトのリンクはこちら。この中の適当なホテルを選んで住所を入力してみると良いと思います。

全部入力したら『save and add payment method』をクリックしてクレジットカードの登録へ移ります。

カードはVISA,Master,JCBなど国際カードならクレジットカードでもデビットカードでもOKです。

カード情報を入力するとホーム画面に戻るのでもう一度カートへ行きましょう。

AMAZON10

内容をもう一度確認してProceed to checkoutをクリック。

次の画面でPlace Your Orderをクリックすると注文が確定されクレジットカードから料金が引き落とされます。

 

③北米設定にしたXbox One本体に②で購入したマイクロソフトポイントをチャージする

AMAZON11

購入確定後のこの画面にある赤線のところYour Games and Software Libraryを開いてみましょう。ここでダウンロードコードを確認できます。

もしくはYour Account内のYour Ordersで購入したマイクロソフトポイントの欄を見るとGo to Your Games Libraryというボタンがあるのでそこからも確認できます。

25ケタのコードをXbox One(北米設定)のストアから入力すれば今購入した30ドル分のマイクロソフトポイントがあなたの北米ストアにチャージされます。

 

ここで一つ豆知識です。

25ケタのコードを打ち込むのは地味にめんどくさい作業です。でもその作業を楽にしてくれる機能がAmazonさんにはあるんです。

AMAZON14

Game Library内の25ケタのコードが確認できるところにRedeem from Xbox.comとあります。

これはブラウザでXboxのホームページを北米設定にしてログインしておくとクリックするだけでコードがチャージされるという便利な機能です。

ではさっそくブラウザの別ページをひらいてXbox公式ページにアクセスしましょう。

AMAZON12

日本のXbox公式ページの一番下の左隅に言語とリージョン(地域)設定ができるところがあるのでここをクリック。

 

AMAZON13 すると国名の一覧が出てくるのでUnited Statesをクリック。

これであなたはブラウザ上で北米設定のストアにログインしたことになります。

では先ほどのアマゾンのページに戻ってRedeem fron Xbox.comをクリックしてみましょう。

 

AMAZON15 するとこんな感じで英語表記で『あんたの30ドルをチャージしてもいいかい?』と出てきます。

問題なければConfirmをクリック。

これでチャージ完了です。25ケタのコードを打ち込まなくていいので非常に楽です。

※北米のMicrosoftストアからもポイントの購入は可能です。

 

【決済方法その3】クレジットカードで直接決済する

この方法は本来一番簡単なのですがクレカが使用できるときとできないときがアップデートのタイミングにより変わることがあるため確実性には欠けます。

実際2016年8月の時点ではVISAカードなら決済可能だという話もありますが全ての人が決済できているわけでもなさそうなので情報が明らかになり次第追記していきます。

 

いかがでしょうか、みなさんが海外ストアから海外ゲームをダウンロード購入するお手伝いはできたでしょうか?

今のところ導入の難易度と確実性、安全性を考えるとPayPalが一番お勧めできる手段ではあります。(※執筆当時の話です。現在は北米Amazonもしくは北米Microsoftストアでポイント購入→海外設定の本体にチャージが確実。)

今後も動向を見守り変更点があれば追記していきたいと思います。

 

執筆担当:ナヴェ

校正・加筆・修正:ハッシー