Xbox Oneのさまざまな特徴

作成中

Xbox Oneは家庭用ゲームハード、いわゆるゲーム機です。

ですがその一言で終わらせるのはもったいないほどに様々な特徴をもっていますのでここで紹介したいと思います。

1.Xboxならではのゲームラインナップ

やはりゲームについて紹介しなくては始まりません。現行の他ハードでも発売されているマルチソフトも数多くありますがここではXboxでしか遊べないゲームについて触れましょう。

Gears of War,HALO,Forza,Titanfallなど名作ぞろいです。→各ゲームの紹介についてはこちらのページ

 

また後方互換システムを搭載しXbox360時代のゲームソフトにも対応が始まり、パッケージ版・デジタルダウンロード版どちらもXbox One上で遊べるようになりました。(対応ソフトは順次追加中)

後方互換・下位互換~Xbox OneでXbox360のゲームを遊ぶ~

 

ゲームといえばXbox OneにはEA Accessというシステムがあります。

これは定額料金を支払うことで特定のEAゲームが無料でプレイできるようになったり、購入時に割引されたり、先行アクセスできたりといった特典を持つサービスです。→EA Accessについてはこちら(作成中)

 

2.Xbox liveとオンラインマルチプレイ

Xboxというゲームハードで特に優れていると思われることの一つが『オンライン機能の充実』です。(一部ゴールドメンバーのみ対応)

一緒にゲームを遊ぶ友人を探したり、気の合う仲間を見つけてフレンドに追加したり、フレンドとパーティー(チームのようなもの)を組んで同じゲームをしたり、そういったことが簡単にストレスなくできるようになっています。

またパーティチャット機能により同じゲームをしていなくても(もちろん同じゲームをしていても)会話を楽しむこともできます。

ゴールドメンバーシップに加入すればできることはさらに広がりますし、特典を受けることもできるようになります。→Xbox liveにつなごう~ゴールドメンバーシップ、海外ストアへの接続など~

 

3.Windows10との親和性の高さ

Xbox Oneは今後さらにWin10との親和性を高めていく方針を明らかにしています。

その代表的なものが『Xbox Play Anywhere』。

Xbox One と Windows 10 PC の間で同じゲームをプレイしたり、セーブデータや実績(後述)を共有したりというクロスデバイスシステムです。→Xbox Play Anywhere~Xbox OneとWindows10~

 

また、Win10PCに搭載されたXboxアプリによりXbox OneをPC上でリモートプレイすることが可能になりました。

リモートプレイとは簡単に言えば『離れた場所にあるXbox本体の映像をPC上に映し出してプレイする機能』です。

x01

Win10PCのデスクトップ左下にあるWindowsアイコンをクリックするとこのような画面(個人の環境によって違います)がでてきますがその中にXboxアプリは表示されています。

リモートプレイを使用するには、まずXbox One本体を起動します。

その後Win10のXboxアプリをクリックして起動。

x02

するとこんなメニュー画面になります。ここの画面にもいろいろな機能はあるのですがまずは画面左端の『接続アイコン』(Xbox本体のようなアイコン)をクリックします。

 

x03

さらに『ストリーミング』をクリック。

 

x04

これでPC上でXbox Oneのストリーミングプレイができるようになります。

もちろん、PCにXbox Oneコントローラーを有線接続しておくこととXbox One,Win10PCそれぞれがオンライン接続されていることが必須です。

 

4.ゲームプレイに適したコントローラー

Xbox One ワイヤレスコントローラーは非常にゲームに適したデザインだと思っています。Xbox360の時代に完成されたと思っていたコントローラーはXbox Oneでまた大きく進化を遂げました。Xbox 360 のコントローラーに 40 以上の新技術が投入されているとのこと。

インパルストリガー機能はForzaシリーズなどのレースゲームなどでその威力を発揮します。路面にタイヤが食いついているときのような振動を感じることができますよ。

また、初代のXbox One ワイヤレスコントローラーは市販のヘッドセット(3.5mmミニジャック接続)を使用する場合別売りのアダプターが必要でした。ですが2015年9月以降に発売された新型Xbox One ワイヤレスコントローラーには3.5mmミニジャック端子が標準搭載されていますのでヘッドフォンやヘッドセットを直接接続することができるようになりました。

【3.5mmミニジャック装備の新型コントローラー一覧】2016年8月現在

Xbox controller01

Xbox One ワイヤレス コントローラー
コバート フォーセス

Xbox controller02

Xbox One ワイヤレス コントローラー
マスターチーフ

Xbox controller03

Xbox One ワイヤレス コントローラー
Halo 5: Guardians

Xbox controller04

Xbox One ワイヤレス コントローラー
カッパー シャドウ

Xbox controller05

Xbox One ワイヤレス コントローラー
ダスク シャドウ

Xbox controllerELITE

Xbox Elite ワイヤレス コントローラー

エリートコントローラーについてはこちらで取り上げています。

 

5.実績システム

Xboxの代表的な機能の一つともいえる『実績』システム。

実績とは『ゲーム内で特定の行動をすることでゲーマースコアにポイントが加算されるシステム』です。

ちなみにゲーマースコアとは自分のゲーマータグの横に表示されている数字のこと。

では『実績ってたまるとどうなるの?何かと交換できるの?』と思う方もいるかもしれませんが特にそういうことはありません。

実績はロマンと言ってもいいでしょう。

プレイしていて達成感を与えてくれる小さなご褒美のようなものです。

ゲーマースコアの高いプレーヤーを目にすると無条件で尊敬してしまうのは私だけでしょうか。

もちろんXbox Oneではフレンドの解除した実績が見られますので『あ、あの人あんな難しい実績解除したんだ、すごいな~』と称賛を受けることもあるかもしれません。

 

6.スマートフォン、タブレットPC用のXboxアプリを活用しよう

Xbox360のころからスマートフォン用のアプリが存在していましたが、それはXbox Oneになっても引き継がれ現在では『Xbox』という名前でiOSやアンドロイドOSで無料配信されています。

IMG_6102

IMG_6103

IMG_6104

IMG_6105

スマートフォン上からもフレンドさんの状況がわかったり、またストアからゲームのデジタルダウンロード版を買うこともできます。

ちなみにスマートフォンの本体の地域設定を米国にするとこのアプリからも北米のストアに接続ができるので外出先からも海外ゲームの購入が可能です。

もちろんメッセージを送ったりもできますからボイスチャットを使わずゲームしているときにテキストメッセージを送るときには重宝します。

ゲーム画面はそのままでスマートフォン上からメッセージが打てるのは快適ですよ。

 

執筆担当:ナヴェ

校正・加筆・修正:ハッシー